もう一度観てほしい記事紹介。

2013年04月10日

こんにちは、橘田幸俊です。

僕が更新してきた記事で、もう一度観てほしいものがあります。

それを紹介していくので、時間がある時にでもチラっと観てくれたら嬉しいです!


動物殺処分0を目指したい!

狂犬病予防接種を必ず受けましょう!

既にペットを飼ってる方、もしくはこれから飼おうとしている方に向け、ペットを飼うための注意点などを僕は積極的に発信していきたいと思います。

可愛いだけでは動物は飼えません!
最後まで責任をもって可愛がること

これができる人でないと絶対に飼ってはいけません!

動物に関連する学校にいって、より一層この気持ちが強くなりました。

これは、動物と人間が共存していく為にとても大切なことです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
橘田幸俊 at 15:08|Permalink僕の話 

肛門腺しぼりがうまくできない…という方に!

2013年04月08日

最近ツイッターばかりで、あれから全然記事を更新してなかったですね…
少し反省。

やはりブログよりもツイッターの方がラクというか。
しかも最近facebookも始めて何がなんだか…
色々な方がお友達になって下さったので嬉しい限りです!!!

ところで、最近になって、近所のおばちゃんや親族から「肛門腺がうまく自分で絞れない」なんて聞くようになりました。
確かにあれって素人じゃ結構難しいんですよ。
正直、自分で無理してすることないです。

ちなみに、飼っている犬がお尻を床にこすりつけて、前に進んで歩いてるようなら溜まってる証拠です。

ですが、病院やサロンでやってもらったばかりなのに、犬がお尻を床に…
ってこともまれにあります。
それは溜まってるとかではなく、絞ってもらってお尻に少し違和感があるんでしょうねww

前にも説明しましたが、犬には肛門膿という分泌物がたまる袋があります。
この分泌物を定期的に出してあげないといけないのですが、これをご自宅でやるのが凄い難しいのです。

今日は簡単に説明しますが、犬が嫌がるようなら無理してやることはないです。
この時は必ず病院かトリマーさんにやってもらいましょう!

ゴールデンレトリバー

肛門腺しぼり

まず犬の肛門を掴んでみます。
少しふくらんで掴みやすい?ようなら溜まってる証拠となります。
マニュアル的には4時と8時の位置を…とありますが、これはそこまで気にしなくていいと思います。
文章にするとうまく表現できてないかもしれないですが、肛門を4時と8時の位置つまんで、引き上げながら絞ると出てきやすいです。

ポイントは、つまんで下から上に押し上げるように絞ることです!
こんなんで分かってくれますかね?

あとは練習あるのみですが、何度も言いますが、犬が嫌がるようなら無理しないこと…
可哀想ですからね…

基本的に体がぽっちゃりした子、太ってる子は絞りにくいので無理しないようにしてください!

最後に注意してもらいたいのが、あまり顔を近づけてしぼらないこと!!!!
分泌物が勢いよく飛び散る子もいます。
これが非常に悪臭でしてとんでもないことになりますwwww
なので十分注意するようにしてみてください!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
橘田幸俊 at 14:55|Permalinkペットのお手入れ 

狂犬病予防接種を必ず受けましょう!

2013年04月02日

今日の犬のお話。

『狂犬病』という名前は聞いたことありますか? 
ラブドウイルス科リッサウイルス属の狂犬病ウイルスを
病原体とするウイルス性の人獣共通感染症です。
これは人、その他哺乳類全てに感染します。
そしてほぼ死亡に至る大変恐ろしい病気です。
最も致死率が高い病気と言われてるんですよ!

日本では1950年に狂犬病予防法施行。
飼い犬の登録とワクチン接種の義務化、
徹底した野犬の駆除によって1956年以来、
犬、ヒト、共に狂犬病の発生はなくなりました。

ですが最近では犬への狂犬病ワクチンの接種率は
近年低下しているという現実…
厚生労働省の調査による2007年度の登録頭数は約674万頭、
接種率75.6%、同年のペットフード工業会の全国調査による
犬の飼育頭数は約1,252万2,000頭。
これから割り出される未登録犬も含めた
予防注射実施率は約40%!!!!!!!!
流行を防ぐために必要とされるWHOガイドラインの
70%を遥かに下回っているので、
いつ国内で狂犬病が発症されるか分からない状態。

そもそも狂犬病ってどうやったらうつるの?
狂犬病に感染した犬に噛まれることで感染します。
(100%の確立で発症する訳ではないですが、
発症したらほぼ死に至るので非常に危険です)


なら狂犬病になったらどうなるの?

【犬の場合】 
感染すると1~2週間の短期間で発病!
狂騒型と麻痺型とがあります。
狂騒型では、極度に興奮し攻撃的な行動を示します。
麻痺型では後半身から前半身に麻痺が拡がり、
食物や水が飲み込めなくなります。
例えば…
むやみに歩き回り、柱などの物体にかみついたり、
地面を無意味に掘るなど狼のような特徴的な遠吠え、
異常行動をがみられるようになります。
また、ヨダレを流すようになったり…
飲水時にのどがけいれんし苦しむため、
水を極端に怖れるようになり、
やがて死亡します。
最終的には昏睡状態から100%死に至ります。 

【人の場合】 
潜伏期間は9日から数年。人によって差があるようです。
通常は20から60日程度と言われています。
発熱、頭痛、全身倦怠、嘔吐などの不定症状。
また噛まれた部位の異常感覚があります。
のちに筋肉の緊張、幻覚、けいれん、嚥下困難など起き、
非常に苦しいため水を怖れるようになります。
冷たい風でも同様にけいれんする(恐風症)もあります。
人とは程遠いような信じられない症状が出ます!
例えば犬の遠吠えや唸り声をあげ、
大量のヨダレをながし、
昏睡、呼吸麻痺が起き死亡します。 

犬を飼ったらまずすることがあります!
<犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務>
犬の飼い主には、
(1) 現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
(2) 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
(3) 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること
が法律により義務付けられています。

その地区によりますが、
だいたい予防接種は4月~6月に実施されています。
この期間外に犬を飼った方の場合は、
市区町村に飼い犬の登録してから
きちんと動物病院で接種してもらってください! 

本当に恐ろしい感染症です。
法律で義務付けられてることですので
必ず犬の登録と狂犬病予防接種を受けましょう! 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
橘田幸俊 at 14:51|Permalinkペットのお手入れ 
橘田幸俊
にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ blogramのブログランキング