猫のシャンプーのやり方

2013年03月21日

おはようございます。
今は春休みなので、友達や知り合いに
ペットのお手入れを頼まれることが多いです。
勉強のひとつとしてやってます!
その子によって性格や骨格なども違うので、
日々勉強の毎日です!

そして今日は猫のシャンプーの仕方について語ろうと思ってますw
犬と違い、猫というのは突然なにかされるのが苦手な子が多いです。
なので結構な勢いで暴れる子が多いですねw

まず注意することを書きたいと思います。
①シャンプーの時間は短く!
猫にストレスを与えない為です。

②爪切りを先に!
これは人間が怪我をしないようにする為です。

③シャンプーをしすぎない!
猫はセルフグルーミングをし、毛や皮膚を健康に保ちます。
シャンプーをしすぎると余計な皮脂などを取る恐れがある為
最低でも三週間以上あげるべきです!
極端な話、猫は一度もシャンプーをしなくても大丈夫なんです!

ではシャンプーの手順を簡単に説明しますね!

先に爪切り、耳掃除、目の周りなどを綺麗にします。
そして全体をコーミングします。きちんとクシが通るまで必ずコーミングします。

洗面器かなんかに38度くらいのお湯を張り、シャンプーを薄めたものを入れます。
※必ず猫用のシャンプーを使うようにしてください!!!!
顔を覗いた全体に馴染ませ、一回すすぎます。

その後にシャンプー剤で体を洗っていくのですが、(顔以外)
優しく毛の根元から毛先にむかってしごくようにしていくのがポイント!
指の腹を使って優しくマッサージしてあげてください!

そして十分にすすぎ、
また洗面器にリンスを入れたお湯を張り、猫を入れ体全体に馴染ませます。
その後は徹底的にすすいで下さい。
よく人間はリンスは完璧に流さない!なんてありますが猫の場合は徹底的に流して下さい。
それはなぜかというと、猫はセルフグルーミングを行うからです。

猫が嫌がらないように少しずつドライヤーで乾かしていきます。
これで終わりです!

ほとんどの猫がストレスを感じ、噛み付いたりすることがありますので
無理をして維持でもドライヤーで乾かすなどをしないで室温を上げたり
タオルでくるみながら抱っこして落ち着かせたりしてうまく工夫をするのがいいですよ!

猫を飼ってる皆さん、試して下さい!
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
橘田幸俊 at 10:52|Permalinkペットのお手入れ 

犬猫の爪切りについて

2013年03月19日

こんにちは。

犬猫の爪切りって怖いっていう人が多いと思います。
まだまだ僕も怖かったりしますねw

爪の中には神経や血管が通ってますので、その部分を切ってしまうと動物は凄く痛い思いをし、トラウマになって爪を切らせてくれない…なんてことになりかねません!

ペットショップなんかにいくと色々な形の爪切りが売っていると思います。
特にコレがいい!ってものはないので、ご自身が使いやすいものをチョイスして下さい。

ちなみに僕はギロチンタイプの爪切りがいいです。
tumekiri

まず爪を明るいところにかざしてみてみると、血管や神経などが見えると思います。

でも、気をつけて下さい!
その部分を切ってはいけません!

その生爪部分から最低でも2ミリくらいは離して切るのが一番いいです。
先端は白くなってくるので、そこはもう死んだ組織ですので、まずはその部分を切ってみましょう。

そして一番問題なのが黒い爪の子。
黒い爪の子は明るい所にかざしても透けることがなく血管など見えないのです…

プロになれば、だいたい分かってきたりするのですが、素人の場合だと全く分からないもの。
でもこれは仕方ありませんよね。

なので黒い爪の子の場合は、少しずつ切っていくのが一番です。
少しずつ爪を切っていくと、爪の中に白いものがみえたらストップして下さい!

その先に血管がありますので、それ以上切ってしまうと出血してしまいます。
これが目安になりますので、爪切りにチャレンジしようとしてる人は上記の点に注意してやってみてください!

ちなみに、いざという時の止血剤も用意しておくといいですよ!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
橘田幸俊 at 10:55|Permalinkペットのお手入れ 

犬猫のお手入れ

2013年03月18日

今日は犬猫のお手入れについて。
日頃からこうしたお手入れをまめにすることによって、ペットの健康状態や、異変などが見つかりやすくなります。

犬猫
  • 耳のお手入れ
  • 目の周り
  • 爪<
  • 歯磨き
  • 肛門腺
  • ブラッシング

飼い主さんが簡単にできるように解説していこうと思います。
少し難しいかな?と思われるものをピックアップしてみます。

【耳のお手入れについて】

簡単なのは市販のイヤークリーナーを耳の中に適量垂らし、耳を後ろからつまむように揉むと、汚れが浮き出てきます。

その汚れを脱脂綿や綿棒などで拭き取ります。イヤークリーナーの変代わりに、赤ちゃん用のベビーオイルでも大丈夫です!
耳の中はとてもデリケートなんです…
絶対に強くこすり過ぎないように気をつけるように…。

綿棒で耳の奥まで掃除をすると汚れを押し込んでしまうことになりますので、綿棒を奥のほうまで使うのは控えたほうがいいですし、危ないです!
たれ耳の子は非常に汚れが溜まりやすいですので、こまめに掃除するといいです。通気性も悪いので外耳炎になりやすいです。

【目のお手入れ】

被毛が白い種では、目の下(涙やけ)や口の周りの被毛が赤茶けてくることがあります。
涙やけを予防または綺麗にするローションやクリーナーなども売っているので使用するといいです!

水で濡らした脱脂綿などでこまめにお手入れをしてあげるてもよし!

【お尻を綺麗にしましょう】

猫ちゃんは嫌なことがあった時、お尻から非常に臭い液を噴出することがあります。
そしてワンちゃんも非常に溜まりやすいのです。

肛門嚢が固まってしまってうまく排出されない子がいて、オスワリのような形でお尻を床に地面にこすって歩いたりしますので、そうなると肛門周囲に何かしら異変があるかもしれないです。

シャンプーをする際には、まずこの肛門腺を絞ってから洗うのが一般的です。
肛門を見た時に5時と7時の位置、もしくは4時と8時の位置あたりに2つの肛門腺がありますので、親指と人差し指を使い、下から持ち上げるように、つまむ感じで搾り出してあげましょう!

そして最後に爪切り。
これは非常に怖がる飼い主さんが多いです。
爪切りのコツなどは次回の更新にw



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
橘田幸俊 at 11:30|Permalinkペットのお手入れ 
橘田幸俊
にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ blogramのブログランキング