2014年03月

2014年03月25日

動物病院検索サイト「peteer」に新機能!

日本にある動物病院を検索するできるサイト「peteer」に、ペットホテル(ペットの一時預かり)サービスを提供している動物病院を検索することができる機能がついたそうです。

peteer

peteerについて

これまでの「peteer」は、全国にある動物病院を検索することができ、その検索方法も、ペットの種類、夜間診療や24時間診療などの条件を指定することができていたのですが、今回新たに「ペットの一時預かり」のできる動物病院も加わったのだそうです。

これは、動物を飼っている人からすれば、とてもありがたいことですよね!

人の場合もそうですが、近くの病院を探すだけでも大変ですから、このようにペットに特化して病院を探せ、しかも預かってくれる病院まで調べられるのは、とても素晴らしいことです。

また、このサイトは、PCだけでなく、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンでも利用できるから、とても身近に病院を検索することができます。

サイトを見ると、本当に動物病院を検索することに特化した作りとなっていて、余計なものは一切ありません。

でも、僕が思うに、色々ごちゃごちゃしているよりも、あるサービスに特化しているサイトのほうが、使い勝手がいいですよね!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
manishkriss at 16:13|Permalinkニュース 

2014年03月03日

ペット信託。ペットと飼い主にとってはいい制度

なんでも「ペット信託」というものがあるそうです。

どういったものかというと、飼い主さんの死後、誰にも世話されることのなくなったペットたちは、保健所に引き取られ、その8割方が殺処分されるらしく、そのような扱いを受けるペットたちのことを気遣い、あらかじめ飼い主さんの財産の中から、ペットが天寿を全うできるまでの費用を管理し、ペットのお世話を託せる人に任せるというものなのだそうです。

ペット信託

行政書士かおる法務事務所

行政書士かおる法務事務所は、全国で唯一のペットの相続専門の行政書士事務所のようで、これは、元動物看護師で、ペットの相続専門の行政書士として活動する服部薫さんが経営しています。

ちなみに、国内のペット信託第1号は、2013年5月に福岡県の50代女性が飼っている猫ちゃんのようで、この女性が亡くなった際いに、ご自身の娘に引き取ってもらうための契約を手掛けたのだとか。

もともと、この「ペット信託」というものは、日本司法書士会連合会の河合保弘理事が考案されたそうで、13年2月に商標登録されたそうです。

高齢者たちの生活のアクセントとして

よく、高齢者の方が、伴侶を失った時など、ペットのおかげで救われるということは、よくあります。
また、寂しさを紛らすためにペットを飼うというようなことも考えられるでしょう。

しかし、自分が高齢なため、ペットを飼うことを躊躇される方が多いのも事実で、このような「ペット信託」があれば、安心してペットを飼うことができるようになるかも知れませんね。

1人暮らしの高齢者でも、気軽にペットを飼うことができるようになれば、これから生きる希望になることでしょうし、ペットを飼うことによって、ご近所とのコミュニケーションが生まれてくるかもしれません。
(トラブルも考えられますが・・・)

とはいえ、ペットたちの地位が向上されるのは、とても喜ばいことです。

もっともっと、ペットの地位向上と、安心して生きていける環境が整ってくれればいいですね!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
manishkriss at 16:09|Permalinkペットのお手入れ 
橘田幸俊
にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ blogramのブログランキング