2014年04月

2014年04月28日

ペットホテルに預けたまま引き取りに来ない人がいるそうです・・・

インターネットを見ていたら、これはちょっとと思う記事がありましたので、紹介します。

ペットホテルに預けたままの「犬や猫」は落とし物と同じ? 放っておくとどうなるのか

読めばわかるのですが、どうやら、飼い主がペットホテルにペットをホテルに預けたまま、約束の期日が過ぎても、引き取りに来ないというケース増えてきているそうです。

犬猫の寂しさ

これって、考えられませんよね。
飼い主としてもモラルがありません。というか、人としてやってはいけないことです。

しかも中には、偽名などを使って申し込むという人もいるらしいですから、完全に悪質です。

ペットホテルだって、飼い主さんのためにしっかりとペットを預かっているのに、そのペットホテルに対して、このような仕打ちをするなんて、人としてどうなのかなと思ってしまいます。

人の善意を踏みにじる行為は、本当に最悪です。

愛されているペットたちがいる中で、ずべてのペットたちが快適な人生をすごしているわけではなく、飼いきれなくなったとか、大きくなったからなどの、自分勝手な理由で、いとも容易くペットたちを手放そうとしている人も増えてきています。

たまごっちじゃないんだから、もっともっとしっかりとした自覚を持ってほしいものです。

警察か?動物愛護センターか?

ちなみに、このように飼い主が引取に来ないペットたちは、警察または動物愛護センターに届けられるようで、最悪の場合、殺処分されることもあるそうです。

ペットホテルに置いてきたから、きちんと世話をしてくれるだろうなんて考えているのであれば、それは大間違いです。

もしもペットをどうすることもできなくなったのであれば、せめて最後まで飼い主さんたちがペットに対する責任を取るべきです。
自分のやりたくないことを他人に押し付けるのは最低です。

殺処分にはして欲しくはありませんが、その辛さを知るべきです。
そうしなければ、無責任な飼い主は、また同じようなことを繰り返してしまうでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
manishkriss at 12:51|Permalinkニュース 

2014年04月22日

熱中症の危険を知らせてくれる愛犬の熱中症チェッカー!

4月も終わりかけで、もうすぐゴールデンウィークがやって来るというのに、なんだか、まだまだ寒いですね。

こんな時期まで寒いと、今年の夏は、もっともっと暑くなってしまうのではないかと心配してしまいます。

しかも、暑さは人間だけでなく動物たちにも影響し、特に犬は発汗による体温調節ができないので、とても暑さが苦手で、舌を出してハアハアと激しく呼吸することで、唾液を蒸発させ、熱を体の外に出しています。

まぁ、夏場の犬を見ているととても暑そうにしていますもんね。
なので、夏場は人間の熱中症も怖いのですが、それ以上に犬の熱中症がとてもきになるところです。

そこで、ペットフード・ペット用品メーカーであるペッットライン株式会社と株式会社タカラトミーアーツが共同開発し犬の熱中症を未然に防ぐ目的で作られた、熱中症対策グッズが5月1日より発売されます!

愛犬の熱中症チェッカー

愛犬の熱中症チェッカー

これは、暑い季節の愛犬との外出時などに、犬の熱中症を未然に防ぐ目的で作られたものだそうで、愛犬のリードに装着するか、室内のケージなど愛犬が普段生活している場所に取りつけて使用するのだそうです。

そうすると、チェッカー内部のセンサーが温度と湿度を測定し、熱中症の危険度が高まるとLEDランプとブザーによって知らせてれるそうです。

しかも、これ、世界初の犬用の熱中症チェッカーらしく、犬だけでなく人間用としても使用が可能なのだそうです。
もちろん、犬と人間の熱中症に対する判定基準が異なっているので、「犬/人」の 切替スイッチがついているのだとか。

色は先ほどのブルーの他に、ピンクもあるようで、お値段は、税抜き4,980円。

この夏、大切な犬のために、1台購入しておいてもいいかも知れない商品ですね!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
manishkriss at 14:40|Permalinkペットグッズ 

2014年04月17日

カラフルな犬は本物?ぬいぐるみ?

まずは、この写真を見て下さい。

ヨッシー犬
-KOTAKU-より

なんともカラフルで、キテレツだと思いませんか?
実はこれ、本物の犬なのだそうです。

この犬は、ニュージャージー州で開催された「インターグルーム」というペットのグルーミング専門コンベンションに出場した犬らしいのですが、もうほとんどぬいぐるみですよね。

トリミングの世界では、このように犬をオシャレ?にカラーリングしてあげることが多々あるのですが、この場合、犬は、どう思っているのでしょうね。

色はともかく、ゴテゴテした装飾は、邪魔ったるくて仕方ないのではないでしょうかね?
上の写真だけではわかりませんが、実は、逆側の体には、マリオやキノピオの顔がデザインされているのです!!

その写真については、このサイトにあるますので、一度見てみてください。

その他にも、芸術ともいじめとも取れるような犬たちがいますよ!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
manishkriss at 14:15|Permalinkニュース 
橘田幸俊
にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ blogramのブログランキング