2015年05月

2015年05月28日

これ、まじ?驚愕のペットシッター4

全く驚きです!!!
日本では、ペットを扱う仕事で高給取りになろうと思ってもほぼ不可能なのですが、なんと、イギリスのペットシッターは、警察や教師などよりも高い給料がもらえるそうなんです!!!

ペットシッター

ペットシッターというと、その名の通り、飼い主の代わりペットの世話をするのですが、残念ながら日本は、ペットに対する考え方が、欧米のようなペット先進国とのレベル差が激しく、あまり認知されていません。

まぁ、ペットに限らずベビーシッターについての理解もまだまだ未熟ですけどね・・・

イギリスにおけるペットシッターの年俸

イギリスでのペットシッターの年俸は、大体2万6000ポンド、日本円にすると約495万円ぐらいになるようで、他の職業と比較すると看護師が日本円で400万円、警察が438万円とのことですから、その凄さがわかりますね。

ちなみに、日本ではペットシッターになるための資格はなく、ぶっちゃけ誰でもなることができます。
しかし、これはどこかのお店で働く場合のことで、自分自身で開業するとなると動物取扱責任者の資格が必要となります。

とはいえ、何の資格もない誰ともわからないペットシッターに自分の可愛いペットを預けるなんて、少々不安ですよね。

なので、もしペットシッターとして働いていこうとするのであれば、民間の資格である「愛玩動物飼養管理士」「動物看護師」「ペットシッター士」「認定ペットシッター」などの資格を持っていたほうがいいかも知れませんね。

といっても、ペットシッターの月給の相場は10~25万円ぐらいと言われていますから、良くても年収300万円、ヘタをすると100万ちょいしか稼げないということになります。

こう考えると、イギリスのペットシッターは職業として確立されていて羨ましいですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
manishkriss at 13:39|Permalinkペットのお手入れ 

2015年05月22日

気になるトリマーの給料・年収

一般論になってしまいますが、トリマーってのは、お金を稼ぐのが難しく、本当に動物が好きでなければやってられません。

だいたい正社員の場合で月14万〜20万円ぐらいの収入ですし、賞与なんてのもよほど良い職場出ないg限り出ない場合が多いですし(これは、トリマーだけに留まりませんが・・・)、年収にして180万〜250万円前後が普通といったところではないでしょうか。

トリマー

また、大抵の場合は個人経営のお店で働くことが多く、福利厚生や保険などがない場合も・・・

ですので、本気でトリマーになりたいと思ったら、若いうちに下積みをしておき、いずれは自分の店舗を持ちたいという夢がなければ、なかなか続けられないような気がします。

しかも、動物が好きだからというだけでは続けられるものでもなく、飼い主との「接客」という業務も出てきますので、単なる技術職というわけにはいきません。

そもそもトリミングだけしてればいいというものでもなく、トリミングの他にも動物の管理や送迎、受付・接客、清掃、商品管理など一般的なサービス業務も行っていかなければなりません。

美容室のように「カリスマ美容師」ならぬ「カリスマトリマー」と呼ばれるようなことになれば、また違ってくるのでしょうが、残念ながら、今の日本では「カリスマトリマー」と呼ばれることも少ないでしょうし、呼ばれたところで海外のように稼げるような土壌にありません。

こんなことを書くと、「トリマー」の魅力が全くないように思われるかもしれませんが、それほど「トリマー」になるには覚悟が必要なのです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
manishkriss at 16:34|Permalinkトリマー勉強 

2015年05月20日

トイプードルが警察犬審査会に参加!

なんと、山形県警の嘱託警察犬を選ぶ審査会にトイプードルが初めて参加したのだそうです。

警察犬といえば、シェパードやラブラドールレトリバーなどの大型犬が相場だと思っていたのですが、なんとトイプードルです!!!

この審査会では、32頭の犬が足跡の追跡、人物の捜索・救助と、臭気選別という3つの科目の審査を受けたそうで、結果は6月上旬に通知されるそうで合格した犬は、県警本部長から1年間の嘱託を受けて県内の事件や事故の捜査を手伝うのだとか!!!

ポッキー朝日新聞より

このトイプードルは、ポッキーという名前の5歳のオスで、生後2カ月の頃、トイレのしつけから始めるうちに「愛玩犬なのにおりこうな子だな」と感じ、昨年8月から警察犬用の訓練に取り組んだばかりなのだとか。

いや、ぜひとも合格して欲しいですね!!
普通は大型犬に追いかけられると怖くてそれこそ逃げ出してしまいますが、ポッキーから追いかけられた場合、あまりの可愛さに立ち止まってしまうかも知れませんね。

調べてみると

よくよく調べてみると、このトイプードルの警察犬って、ポッキーが初めてというわけではなく、2011年、全国で初めてトイプードルの警察犬が誕生したのだそうで、「カリン」と「フーガ」というそうです。

ちなみに、嘱託警察犬(ショクタクケイサツケン)というのは、各都道府県警察本部が毎年嘱託警察犬審査会を行って決めるそうです。

一応、警察犬になる犬種は、ジャーマン・シェパード、ラブラドール・リトリーバー、ゴールデン・リトリーバー、エアデール・テリア、ボクサー、コリー、ドーベルマンの7犬種が指定されているらしいのですが、特にこの犬種だけに限られたものではないのだそうです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
manishkriss at 18:05|Permalinkニュース 
橘田幸俊
にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ blogramのブログランキング