肛門腺しぼりがうまくできない…という方に!

2013年04月08日

最近ツイッターばかりで、あれから全然記事を更新してなかったですね…
少し反省。

やはりブログよりもツイッターの方がラクというか。
しかも最近facebookも始めて何がなんだか…
色々な方がお友達になって下さったので嬉しい限りです!!!

ところで、最近になって、近所のおばちゃんや親族から「肛門腺がうまく自分で絞れない」なんて聞くようになりました。
確かにあれって素人じゃ結構難しいんですよ。
正直、自分で無理してすることないです。

ちなみに、飼っている犬がお尻を床にこすりつけて、前に進んで歩いてるようなら溜まってる証拠です。

ですが、病院やサロンでやってもらったばかりなのに、犬がお尻を床に…
ってこともまれにあります。
それは溜まってるとかではなく、絞ってもらってお尻に少し違和感があるんでしょうねww

前にも説明しましたが、犬には肛門膿という分泌物がたまる袋があります。
この分泌物を定期的に出してあげないといけないのですが、これをご自宅でやるのが凄い難しいのです。

今日は簡単に説明しますが、犬が嫌がるようなら無理してやることはないです。
この時は必ず病院かトリマーさんにやってもらいましょう!

ゴールデンレトリバー

肛門腺しぼり

まず犬の肛門を掴んでみます。
少しふくらんで掴みやすい?ようなら溜まってる証拠となります。
マニュアル的には4時と8時の位置を…とありますが、これはそこまで気にしなくていいと思います。
文章にするとうまく表現できてないかもしれないですが、肛門を4時と8時の位置つまんで、引き上げながら絞ると出てきやすいです。

ポイントは、つまんで下から上に押し上げるように絞ることです!
こんなんで分かってくれますかね?

あとは練習あるのみですが、何度も言いますが、犬が嫌がるようなら無理しないこと…
可哀想ですからね…

基本的に体がぽっちゃりした子、太ってる子は絞りにくいので無理しないようにしてください!

最後に注意してもらいたいのが、あまり顔を近づけてしぼらないこと!!!!
分泌物が勢いよく飛び散る子もいます。
これが非常に悪臭でしてとんでもないことになりますwwww
なので十分注意するようにしてみてください!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
橘田幸俊 at 14:55│ペットのお手入れ 
橘田幸俊
にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ blogramのブログランキング