軽い力でペットの抜け毛を集めるクリーナー

2023年12月21日

カーペットについた猫や犬の毛を集めるペットの抜け毛クリーナー「ケトリンのたまご」。

ケトリンのたまご

犬や猫の抜け毛は、カーペットに絡まると掃除機でもなかなか取れないのですが、ケトリンのたまごは黒いスポンジ面をカーペットにこすることで絡みついた毛をまとめることができます。

一般的な毛取りクリーナーでは、抜け毛をまとめようと何度も力を入れてこするので、手首が痛くなりがちですが、この「ケトリンのたまご」は、この摩擦スポンジを手にフィットして持ちやすい卵型のケースに入れることで軽い力で取れるようになっており、山型に加工されたスポンジの形状で、少ない回数で抜け毛を集めることができます。

ケースのカラーはグレージュ、ベージュ、ピンクの3種類で希望小売価格1,480 円。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kit-yu at 09:04|Permalinkペットグッズ 

ペット用ベッド 「Air Pet Bed」

2023年01月10日

9割が空気でできた愛犬・愛猫用ベッド「Air Pet Bed」(エアーペットベッド)が販売されています。

Air Pet Bed

一般のペット用ベッドだと丸洗いできたとしても中まで乾くまで10時間以上かかるのですが、「Air Pet Bed」は通気性に優れ、汚れてもシャワーでカバーごと丸洗いして、風通しが良い場所で1~2時間程度干すだけですぐに乾くのだそうです。

ベッド内部は、カビ等の発生要因となる「湿度」「温度」「栄養」の条件が揃いやすく、皮膚疾患などのトラブルの原因となるのですが、「Air Pet Bed」は9割が空気でできている為、この条件を抑えらることができペットのベッドトラブルを回避することができます。

また適度な「高反発」ベッドになっており、筋力が落ちてきたシニアペットの自力での寝返りや立ち上がりをサポートし、床ずれや筋力低下を防ぎ、筋力の弱くなったシニアでもベッドに登りやすいようにあえて4cmという低さで設計されています。

お値段は、24,800円(税込)とちょっとお高めですが、これによりペットが快適になり、衛生面での不安を取り除けるのであれば、安いもんですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kit-yu at 09:29|Permalinkペットグッズ 

マイクロチップ義務、来月から

2022年05月30日

ペットの犬や猫にマイクロチップ装着を義務付ける改正動物愛護管理法が6月1日から施行されます。

飼い主の情報が登録されたチップを埋め込むため、首輪のように外れず、はぐれても連絡がつきやすくなるというメリットがあるだけでなく、無責任な遺棄も防げ、環境省の担当者は「所有者が分かるので、むやみに捨てる人が減る効果があり、最後まで飼うことが殺処分を減らすことにつながる」と話しています。

hjk_o

このマイクロチップは直径1ミリ、長さ8ミリ程度の円筒形で、獣医師らが専用の注射器で背中部分の皮下に埋め込むようで、費用は数千~1万円程度かかり、15桁の数字が記録され、自治体などが専用の機械で読み取り、データベースの登録情報と照合できるのだそうで、登録情報は飼い主の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、犬や猫の品種、毛色、生年月日、性別などが埋め込まれているようです。

これまでも民間団体によるチップ登録制度はあったのですが、6月以降は法定化され、日本獣医師会の担当者は「民間で取り組んできたことが法律で明文化されたことは非常に大きな意味を持つ」と話しており、装着義務が生じるのは、ブリーダーやペットショップが販売する個体で、これを守らない業者には都道府県知事が勧告や命令を行い、悪質な場合は業務取り消し命令の対象となります。

一般の人がチップの付いた犬猫を業者から購入した場合、30日以内に登録情報を書き換える義務が生じ、その際チップの識別番号と購入時に業者からもらう登録証明書に書かれた暗証番号が必要となり、オンラインで申請する場合、手数料300円かかります。

なお現在家庭で飼われている犬猫への装着は努力義務となっており、チップを一度入れれば情報登録の義務が生じ、引っ越しなどで住所が変われば、その都度書き換える必要があります。

ペットフード協会によれば、国内で飼われている犬猫は推計約1600万匹なのだそうで、環境省はペットショップやブリーダーを経由し、チップ装着が義務化される犬猫は年間約41万匹に上ると見込みのようで、同省の担当者は「販売される犬や猫はチップを必ず装着している。迎え入れたら、自身の個人情報の登録をお願いしたい」と呼び掛けています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kit-yu at 12:23|Permalinkニュース